<< BD&DVD『ドラゴンエイジ –ブラッド | main | ウォーハンマー40,000: スペースマ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    長官銃撃事件で名誉毀損訴訟、都上告断念

    0
      芳垣文子】立命館慶祥高校(北海道江別市)の生徒たちが、授業の一環で校内に「会社」を立ち上げて商品を開発、販売に取り組んでいる. 株式会社形式にし、資金の調達や企画、宣伝、製造もすべて生徒たちが手がける. 実際の会社経営に即して活動しながら、コミュニケーション能力など実社会で役立つ力を養うのが狙いだ. 3年生19人が学ぶのは「起業家講座」. 米国発祥の経済教育団体「ジュニア・アチーブメント日本」が開発した教育用プログラムを使い、資金集めや会社の運営などを実践する. 起業家精神やマーケティング論などを学んだあと、9月に会社を立ち上げた. 模擬会社だが、社名は「洗練された」という意味や語感から「Refine(リファイン)」と決め、社長には曽禰広気さん(18)が就任した. 営業、人事、生産、経理、広告の各部長も選び、一般企業の社員2人に社外取締役に就いてもらった. 1995年に起きた警察庁長官銃撃事件を「オウム真理教の犯行」と断定した警視庁の発表で名誉を傷つけられたとして、教団から派生した「アレフ」が東京都に損害賠償や文書での謝罪を求めた訴訟で、一、二審とも100万円の賠償を命じられた都側が11日、上告を断念すると発表した. 警視庁は「判決内容を十分に検討したところ、上告理由がないとの結論にいたった」との談話を出した. 一方、アレフは、先月27日の二審・東京高裁判決で謝罪文の交付が認められなかったのを不服として上告. 訴訟は最高裁で継続する. 1月の一審・東京地裁判決は、謝罪文の交付も都に命じていた.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.10 Thursday
        • -
        • 10:50
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM